代表挨拶


想像以上のチャレンジ!


代表取締役 浦野広樹
代表取締役 浦野広樹

再生可能エネルギーは、ようやくスタート地点へ!

進化を遂げ、FIT制度を活用せずとも導入可能に。

SDGs、ESG、RE100・・・

環境への国際的意識は、日増しに高まります。

2050年に、再生可能エネルギー電源比率は50%超へ。

多様化するエネルギーの在り方に、WEグループの強みを活かし、変化し融合していきます。

※「WEグループ」は当社とグループ企業の総称となります。

ビジョン

■成長・多様化する事業ポートフォリオに対応 より筋肉質な組織へ

 

ワイヤーエナジーは、2020年に9期目を迎えます。10年が早いと素朴に感じます。

 

当社の事業コンセプト『エネルギーを通じて元気の輪を社会に送り続ける』『つながる拡がる輪になる』。

創業から継続するその考え方・思想に変わりはありません。

むしろエネルギーという言葉の中身が多様化し、拡大しているのを肌で感じます。

 

現在、再生可能エネルギー事業は、

【自社運営稼働発電所】約100発電所・16,600kW

【管理発電所】420発電所(直営含む)

と、引き続き数字を伸ばしております。

特に、管理体制においては、美化・トラブル時のスピード対応・日常の遠隔監視の徹底した取組みにより、全国的に大きな評価を得る事が出来ております。

 

航空機を中心としたリース事業および不動産事業においても、2019年には10億円規模の投資を行い基盤を固めております。

 

先行投資を行う、ホステルPAQ(インバウンド事業・訪日外国人向け)では、2019年5月スタートながら既に、49ヵ国の外国人の方に宿泊していただき、8月からは黒字に転換しております。

 

2020年も地方発のベンチャー企業として歩みを止める事なく、多様化する事業ポートフォリオに最適な組織をつくり、常に変化・成長することで、10年目に向けさらなる飛躍を目指してまいります。


再生可能エネルギー

■2020年以降のエネルギー業界について私達が取組める事

 

太陽光発電においては、いよいよFIT制度が終了に近い状況になります。

これで業界がようやくスタートラインに立てたかなと思います。

 

ここからは、ただ漠然とエネルギーについて取り組んできた会社は完全になくなります。

その反面、ナチュラルなプロ意識を持って真摯に取り組んでる組織は相当強くなっていくでしょう。

ブルーオーシャン市場で、足元を固めて取組めます。

 

この市場では、実にさまざまな展開が可能です。

増やす事も、多様化する波に乗る事も、攻めながら守る事もなんでもできます。

再生可能エネルギーの魅力は、今、世界が最も解決を望んでいる問題=環境汚染・地球温暖化と直接リンクしているということです。

そして、業界で起こりうる全ての出来事に開拓者として取組む事が出来るのに、プレーヤーが圧倒的に少ない事が問題です。

 

当社も、いつのまにか業界で多少とも影響力のある存在になれたのではないかと自負しています。

現在、自分達では感じていなかった評価を第三者が大いにしてくれてます。

 

このアドバンテージはプラスとして素直にとらえ、これを生かして新しいことに取り組んでいくことが、今後の有意義な展開に結びつくのではないかと考えています。

2020年も、意識の高い仲間と良いアライアンスを組みながらコツコツ歩みます。


インバウンド

■四国が世界とクロスする

 

2019年5月にOPENしたホステルPAQは、既に49ヵ国もの外国人の方にご利用いただきました。

スタッフの多くが、英語を話す事が出来る環境も徳島県内では少ないと思います。

共有ラウンジで、外国人の方々が楽しそうに話しをされているのを見るにつけ、非常に嬉しく感じます。

ゲストの外国人比率も40%に迫り、今後もターゲットを訪日外国人に特化していきます。

四国4県への出店を進めていく、大事な2年目がはじまります。


地域貢献活動・コミュニティー

■可能性を創り・感じ・伸ばせる場所

 

2018年4月、中学生を対象とした硬式野球部「徳島ウエストヤング」も、3年目を迎える事が出来ました。

良い環境・良い指導者のもと、心身共に成長する大切な時間帯に必要なトレーニングを行える場所を作れているのではないかと思います。

佐々木監督は、選手を楽しませながら可能性を引き出すプロフェッショナルです。

スポーツはもちろん、多様化する社会に柔軟に対応できる人材作りも念頭に入れ、メンバー指導をしております。

今年は、この組織の存在を少し全国へ届けたいとも考えています。

サプライズが起こる。

今ここにこっそり記しておきます。 


IT化

■CLEAN ENERGY x TECHNOLOGY

 

2019年にジョインしたCTO・白木を中心に、まずは社内改革に取り組みました。

一定の成果を上げ、今後は社外へ向けて発信していきます。

2020年、大きな期待と楽しみを持って取り組みます。

 


スタートアップ支援

■真面目・素直・ポシティブな人材支援

 

大義をもってイノベーションを起こそうとしている人材とのコミュニケーションを、更に増やします。

その基礎となった、事業構想大学院大学(東京都港区南青山)で行った「ベンチャー育成プロジェクト」では、複数の起業家が生まれ一定の成果をあげました。

社内ベンチャーとして、2019年スタートアップしたワイヤークロスも、一定の成果を上げ飛躍の2年目になりそうです。

過去ではなく今を見て、ポジティブでエネルギーを持った人材にフォーカスし、ひとつの形を作る。

そこから得られるパワーを組織全体にシンクロさせ、スピードと強さを融合した構図を作っていきます。


最後に一言

■2020年コンセプトは「想像以上のチャレンジ!」

 

組織として非常に強い経営基盤を創り得る事が出来ました。

今後は、この基盤を活かし、更に力強く成長できるかが真価を問われるところだと思います。

昨今、私のリスペクトする仲間・友人・先輩が、日本のトップランナーとして表舞台で活躍しております。

人間的で創造的な人物やアイデアに出会えるよう積極的にアクションしていきます。

ピュアなエネルギーを持った方に、「良い化学反応が起こりそう!」と思われ、魅力を感じてもらえるようにありたいと強く思ってます。

日々、自己研鑽し、しっかり準備して、様々なチャンスを逃さないようにしたいです。

 

2020年は でいきます。

よろしくお願いいたします。