事業内容

当社は、創業から自然エネルギー産業に軸足をおき、事業を展開しています。

環境変化に柔軟に対応し、インフラである自然エネルギーを中心とし、かつ新たな事業への投資を積極的に行うことで継続的な事業拡大につなげています。

 

第1フェーズの太陽光発電所事業投資(95ヵ所・16,500kW)と開発コンサル事業およびO&M(管理)事業で利益を積み上げ、今後は、新たなフェーズとして、IT・AI技術と連動させた太陽光セカンドマーケット・事業インフラ整備を行っています。

また中長期的な取り組みとして、下記5分野に注目しています。 

  1. 自家消費型発電所プランニング
  2. PPS事業(電力小売事業)
  3. PPA投資(屋根借り電力販売)
  4. 蓄電池
  5. VPP(分散電源・蓄電池をIoT制御) 

これら5つの総合コンサルティングにも取り組み、エネルギー分野を成長させていきたいと考えています。


再生可能エネルギー


自家消費型太陽光発電所の総合コンサルティング

FIT制度を活用した太陽光発電の普及はほぼ終了しました。 

しかしながら、2050年には再生可能エネルギーの割合は50%以上となります。 

今後は、自分で作った電気を自分で使う時代になります。 

電気は買うより安く作る事ができ、更に昼間のまかないきれない電気は新電力との契約で更に安く調達し、近い将来、蓄電池も本格普及を向かえます。 

複雑なロジックをわかりやすく。

ユーザーにとって中長期的に良くなる提案を行います。


発電所の提供(土地+発電所)

太陽光発電所を所有したい事業者の方に、自分の用地がなくても事業ができるよう、当社が組成した投資案件用の発電所を準備しています。

管理体制まで一気通貫の体制で、安心してご相談いただけます。


自社発電所の運営・管理

WEグループでは、自社発電所を、95ヵ所・16,500kW運営しています。

積極的なインフラ投資を行い、CO2を排出しない電源を供給しています。

20年以上継続する事業の不具合対応ノウハウを自社発電所で蓄積し、他の発電事業者へフィードバックするシステムを構築しています。


管理業務(O&M)

発電を開始した発電所は、管理業務まで一気通貫で行います。 

遠隔監視システムで、日々モニタリングし、異常時の一次対応を迅速に行うことが可能です。

雑草管理は、IT管理し、リマインダー機能を使い、常に草が生えない仕組みを構築しています。

また、長期間に渡る運営の中で起こる経年劣化も一早く察知し、異常や稼働率低下を未然に防ぎます。


稼働済発電所の取得・取引

低圧・高圧問わず、稼働済発電所の取得を積極的に行っています。

最短3日で入金可能なスピーディーな取引を準備しています。

譲渡の際に必要な、電力、経産省の譲渡申請等もすべて作成いたします。

また、発電所の資産価値を指数化し、公正にジャッジができる仕組み作りに取り組んでいます。



インバウンド事業


四国が世界とクロスする

グループ会社である株式会社ワイヤークロスを中心に、徳島市内でホステルPAQ(パック)徳島を運営しています。

日本や徳島の良さを、多くの方に知ってもらうため、地方創生・観光活性化に取り組んでいます。

今後は、増え続けるインバウンドニーズへ対応するため、まずは香川・高知・愛媛への進出を行います。

更に、新規ホステル開発や既存の宿泊施設の稼働率UPのためのコンサルティングも行っていきます。 

また、売却や業務委託を検討している宿泊施設の相談にも対応していきたいと考えています。 



その他の事業


リース事業

今後20年以上は増え続ける航空機を中心に、リース事業に取組んでいます。

不動産事業

短期の不動産投資案件の取得および売却を行います。エネルギー(熱源)を含めた最適化により、中長期的に持続可能な案件をITテクノロジーを活用し、発掘します。

事業構想大学院大学

事業構想大学院大学の研究員として、社会性の高い事業の起業・育成をサポートしています。


モビホ

MobiHo(モビホ)とは、キャンピングカーを宿泊施設として活用し、旅行やビジネスなどにご利用いただける、新たなライフスタイルのご提案です。

スポーツ振興

社会や地域への貢献活動の一環として、中学生を対象とした硬式野球部「徳島ウエストヤング」を、徳島県西部で創設しました。

学校教育において、十分に指導ができる体制を整える事が難しくなってきている中で、良い環境・良い指導者のもと、中学という成長期に必要なトレーニングを行える場所として、全国のモデルケースとなるような組織作りを目指しています。